関係者輸送ルート・観客輸送ルート


※PDFのダウンロード等に時間がかかる場合、再度、時間をずらしアクセスしてください  
東京2020大会では、選手等の大会関係者を輸送する「関係者輸送ルート」と
観客・大会スタッフを輸送する「観客輸送ルート」を設定しています


関係者輸送ルート
」は、宿泊施設と空港、競技会場、IBC/MPC 等を結ぶ「
大会ルート
」、
練習会場へ輸送する際に使用する「
練習会場ルート
」及び事故や渋滞等において
大会ルートが使用できない場合に使用する「
代替ルート
」があります。


観客輸送ルート
」は、観客やスタッフが大会期間中、
競技会場と観客利用想定駅との間を通行するルートのことです。


会場周辺の関係者輸送ルート・観客輸送ルートの資料一式はこちら
※輸送運営計画V2 (2021年2月)より抜粋
    会場周辺別の資料
練習会場ルート資料一式はこちら
※2021年5月13日更新
代替ルート資料一式はこちら
※2020年12月22日公表
  • ※「大会ルート(関係者輸送ルート)」はこちら
  • ※競技会場周辺の「大会輸送影響度マップ」はこちら
  • ※競技会場周辺の「徒歩ルート及びアクセシブルルートの動画」はこちら
  • ※他県競技会場周辺(一般道)の「大会輸送影響度マップ」はこちら